ムシバイの画像5

ムシバイは、お子さんに歯磨き後に1粒を舐めてもらうだけと、とても手軽な口腔ケア商品です。

でも、効果的な使い方があるなら知りたいと思うのが親心ですよね。

そこで、ムシバイにはより良い使い方があるのか、ポイントを調べてみました。

ムシバイの効果的な使い方とは?

ムシバイの狙いは、歯磨きを嫌がるお子さんでも、毎日の歯磨きを習慣化させる狙いがあります。

また、配合されている成分の働きで口の中の善玉菌が優勢になり、口内環境も整えられると言う一石二鳥なチュアブルです。

詳しい使い方は公式サイトに書いてあるのですが、寝る前にお子さんに歯磨きをしてもらい、そのあとに1粒食べさせるだけです。

ただ、ムシバイに興味を持つお父さんお母さんの多くは「うちの子、歯磨きを嫌がる!」と言う悩みを持っているのではないでしょうか?

この、寝る前の歯磨きがすんなり出来たらどれだけラクか…そんな全国のお父さんお母さんの溜め息から生まれたのがムシバイと言っても過言ではありません(笑)。

そんな聞き分けのないお子さんには、歯磨きが出来た後のご褒美としてあげる事で、「歯を磨くとおやつがもらえる」と言う習慣を作ってしまいましょうと言う訳です。

味についても子供が好きな味を色々試してみて、一番好評だったヨーグルト味にしたそうですから、お子さんも喜んで食べてくれると思われます。

さて、ムシバイを買ってさっそく歯磨きを頑張ってもらおうとしても、いきなり「美味しいおやつをあげるから」と誘った所で素直に歯磨きしないお子さんもいると思います。

そこは各ご家庭で工夫があるみたいですが、公式サイトにもちょっとしたコツとして「先に親が本人の目の前で美味しそうに食べてみせる」と言う手法が書いてあります。

要は、興味を引かせてムシバイの味を覚えさせてしまうと言う事ですね。

歯を磨いたら美味しいお菓子がもらえる!とヤル気を持ってもらいましょう。

効果的な使い方は、虫歯菌が一番増殖して定着しやすくなる就寝前に舐めてもらうと言う事です。

まだ月齢の低いお子さんですと、喉に詰まらせないように細かく砕く必要がありますが、どうしてもすぐにかじって飲み込んでしまうお子さんにも、細かくしてからあげると舐めるしかないので効果的かもしれません。

ムシバイはすぐに飲み込んでしまうと喉に詰まる恐れもありますが、ムシバイに配合されている乳酸菌を効率良く作用させる為にも、ゆっくり舐めてもらう必要があります。

食べさせる回数や量についてはどうでしょう?

公式サイトでは、一番良いのは寝る前に(歯磨きをしてもらって)1粒…と言う事ですが、歯磨き後に毎回あげたり、子供が欲しがるだけあげるのはどうなのでしょう?

ムシバイは無添加で副作用もなく、アレルギーについても大豆アレルギーがなければほとんど心配ないような成分でできています。

副作用がないのですから、1日に何個食べても問題はないと公式サイトにも書いてあります。

ただ、一度に大量に食べると喉に詰まらせないかどうかは心配なので、必ず保護者の方がそばで見守っていましょう。

ちなみに、ムシバイは1袋30粒入りで、安く買える定期購入で注文すると次に届くのは30日後です。

あまり1日に何個も食べさせてしまうと、次にムシバイが届くまでになくなってしまいますので、できれば最初から何個も食べさせないで、あくまで1日1回の特別なお菓子としてあげる方が良いかもしれませんね。