親子で歯磨きする画像

ムシバイは公式サイトを見てみると、子供の歯を守る為のチュアブルと言う事ですが、大人が舐めても良いのでしょうか?

むしろ、大人も一緒に食べるのが良いようですし、2袋買うと500円安くなると言う利点があります。

ムシバイは大人も使った方がいい商品なのでしょうか?気になる事を調べてみました。

ムシバイは子供と一緒に大人も使った方が良い?

ムシバイは子供向けの口腔ケアチュアブルと言う事で、子供が楽しく続けられる工夫や安心して飲める成分だけを使うなど、とことんこだわって開発製造されているのが良く伝わってきます。

歯磨きの後に舐めるだけで本格的なホームケアができるので、とてもお手軽ですよね。

ムシバイが開発された経緯は、歯磨きを嫌がる子供にどうしたら歯磨きの習慣をつけてもらえるか、大人でも難しい奥歯の仕上げ磨きなど至らない部分のケアをどうにかできないか?と言う所から始まったようです。

その為、やはり子供向け商品と言う訳ですが、公式サイトを詳しく見てみると大人も一緒にムシバイを使うと良さそうですが、それはなぜでしょう?

子供の虫歯について調べてみると参考になるお話があります。

子供が虫歯菌に感染しやすいのは1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の期間らしいのですが、感染経路は意外と大人の虫歯が関係あるそうです。

例えばキスをしたり、お母さんのスプーンで子供にご飯を食べさせたり、大人が食材を噛んだりちぎったりして食べやすくしてから子供にあげたり…。

そうすると大人の虫歯菌が子供の口に入り込み、菌を増殖させてしまうので、この時期は保護者の口腔ケアも重要だと言う小児歯科の先生もいます。

大人の口腔ケアについては、食後はキッチリ歯磨きするだけではなく、定期的に歯医者に行って虫歯を治療したり、大人でもフッ素加工をしたりと子供以上に大変で面倒かもしれません。

でも、子供の虫歯菌を増やさない為には親が歯医者に通って口腔ケアをきちんとするか、コップやお箸などは子供の物と分けて子供に使わせないというのを徹底するしかありません。

そんな時、大人の口腔ケアとしてもムシバイは丁度良さそうです。

もうひとつ、ムシバイを大人が使った方が良いと良いのは、歯磨きを嫌がるお子さんがいる場合です。

どうしても歯磨きは嫌だ!と言っている子供に、いきなりムシバイを見せて美味しいよなどと言っても、警戒されるだけかもしれません(もちろん、「えー何それ?お菓子?」など、素直に興味を持つお子さんもいらっしゃると思いますが)。

そこで、まず大人が見本になってムシバイを食べてみせ、「うわー、これ美味しい!」などと誘うと言うことですね。

子供から見れば、お父さんお母さんが美味しいと言っているのだから本当に美味しいのかも?と食べてみたくなり、歯磨きがスムーズにできるようになると言う訳です。

どちらかと言うと、親子のスキンシップに使うと言う感じでしょうか。

今回わかったことをまとめてみると、ムシバイは大人が使っても全然問題ないです!

使う意味合いとしては、親子の歯磨きタイムを楽しくするもの…と言う意味が強いですが、もしお子さんが1歳くらいでまだ小さい月齢であれば、虫歯菌の感染を防ぐ為にも、まずは大人が口腔ケアをしてお手本を見せてあげるのも良いですね。