家族の画像1

歯磨きを嫌がるお子さんに、楽しく口腔ケアをしてもらえそうな画期的なチュアブル「ムシバイ」

でも、使い始める年齢はいつぐらいからなのでしょう?

早すぎることや遅過ぎる事なんてあるのでしょうか?

ムシバイを試すのに適した年齢はあるのかどうか、調べてみました。

ムシバイを始める年齢は何歳がベスト?

医学情報などを調べてみると、どうやら子供は1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間が最も虫歯菌に犯されやすく、この期間内にどれだけ虫歯菌の繁殖を防げるかが大事なのだそうです。

ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、「虫歯体質」「生涯虫歯」なんて言葉もあり、この1様7ヶ月~2歳7ヶ月の間に虫歯菌に感染すると、その虫歯菌は一生なくならないとも言われています。

感染した虫歯菌は、一度付着するとずっとそこに居座ると言うのです!怖いですね。

その点を踏まえると、ムシバイは1歳7ヶ月頃から使うのが良いのかなと思います。

公式サイトには、何歳から使うと良いですよ、などのような具体的なアドバイスはありません。

ですから、歯が生えたらすぐに、とか、歯磨きを嫌がるようになったら、など保護者の判断で開始します。

ここで、実際にムシバイを使ってみた保護者の方からの口コミなどに基づいて考察していきますので、ムシバイを始める年齢について悩んでいる人は参考にしてみて下さいね。

ムシバイを知った時点で子供が3歳以上だった場合は、諦めた方が良い?

虫歯菌を増やさないように特に気をつける時期は2歳7ヶ月までとは言われていますが、「うちの子、もう手遅れ?」と諦めてはいけません。

今度は3歳になると、虫歯菌と戦う為の菌と言うのが定着するようになるので、やはり口内ケアは必須で、歯磨きを嫌がらなくてもフッ素など家でのケアが大切です。

ムシバイにはクリスパタス菌と言う歯周病を改善できる成分や、PS-B1と言う口内環境を整える成分が配合されているので、寝る前に食べてもらう事で虫歯予防に繋がりますよ。

まだ1歳6ヶ月だけど歯が生えて来たから食べさせて良い?

ムシバイの口コミの中に、「目を離すと飲み込んでしまう」と言うのが幾つかあったので、あまりにも小さいお子さんに舐めさせる時は注意が必要です。

先に小さく砕いて、少しずつ舐めてもらうようにしましょうね。

因みに小さいお子さんでも、量は1粒分で問題ないです。

イヤイヤ期でとにかく歯を磨かないけどムシバイをあげて良い?

これも口コミに幾つかあったお話で、魔の2歳児にもなると「ムシバイいらないから歯も磨かない!」と言うお子さんもいるそうです。

でも、歯磨きしないのにムシバイをあげて良いのでしょうか?

ムシバイは基本的に「歯磨き後のご褒美としてあげることで、歯磨きを楽しみにしてくれること」を目標に開発されています。

おやつではないので(確かに普通のおやつよりは歯に良いですが)、欲しいと言われるままにあげてしまうのはちょっと違いますよね。

ですから、歯磨きの後にムシバイをあげると決めたら、その姿勢を貫きましょう。

どうしても歯磨きを嫌がるのは何か理由がありそうですので、工夫して歯磨きを習慣付ける方が先決かと思います。

ムシバイを始めて1週間程度で虫歯が!効果ないから止めていい?

これも口コミのお話で、虫歯を繰り返すからムシバイを始めたのに、舐め始めて何日かで新しい虫歯が見つかった!と言う事です。

そこで意味がないからとすぐに止めてしまう人もいらっしゃいますが、ムシバイは3ヶ月以上は継続した方が良いと言う商品です。

そして何より、ムシバイは「虫歯になりにくい口内環境作りをサポートする」商品の為、飲む事で虫歯菌が減ると言うものではないですし、歯磨きを怠れば虫歯も新しくできます。

あくまでも、寝る前の歯磨きありきの商品ですし、虫歯治療薬でもありません。

なので、長く続けて健康な歯を育てやすい環境を作り続けるのがベストです。

以上がちょっとしたアドバイスですが、参考になりましたでしょうか?

お子さんと楽しく口腔ケアを始めてみたいと言う方は、まずはムシバイの公式サイトをチェックしてみて下さいね。