虫歯とばい菌の画像1

食後の歯磨きを嫌がるお子さんに、毎日ヘトヘトになっているお父さんお母さん達の間で話題のムシバイですが、歯磨き後に食べさせても本当に虫歯菌を減らしてくれるの?と思いませんか?

そもそも、ムシバイって具体的にどんな効果があるのか、食べると虫歯菌がなくなる物なのか?など「食べるとどうなるのか」と言う事についてお話しますね。

ムシバイで虫歯菌は減るの?

ムシバイで虫歯菌が減るなら、是非ともうちの子に!と思うお父さんお母さんは非常に多いのではないでしょうか?

特に“魔の2歳児”など、一番虫歯菌に気をつけたい年代に限って歯磨きを嫌がったり、仕上げ磨きをさせてくれなかったりするので(笑)、保護者としては虫歯対策に良い商品も気になると思います。

そこで最近発売された「ムシバイ」がとてもオススメ!となる訳ですが、ムシバイで虫歯菌を減らす事はできるのでしょうか?

公式サイトを見てみますと、どうやらムシバイの効果は虫歯菌を減らすと言うものではなく、あくまで「虫歯菌が増えないように口内環境を整える」と言う商品のようです。

でも、何より大きな効果が期待できそうなのが「歯磨き嫌いなうちの子が積極的に歯磨きをするようになる」と言う、歯磨きの習慣化ではないでしょうか?

虫歯菌は色々な感染ルートから子供の口に入り、食後の食べカスをエサに増えるそうです。

しかも寝ている間は特に口の中が乾燥しやすく、酸性の状態になり虫歯菌がものすごいスピードで口の中に広がるのだとか。

その為、就寝前の歯磨きは特に重要とされていますが、それは食べカスをしっかり洗い流して虫歯菌を増やさないようにするのが目的です。

子供が嫌がる事なく、歯磨きで虫歯菌の原因を洗い流した後は、虫歯菌が増えない環境を作り、毎日続ける事で虫歯のできにくい口内環境を保つ…

と言う一連の口内ケアをスムーズに手助けしてくれるのがムシバイの仕事と言う訳ですね。

虫歯菌のケアは3歳までが大切!

虫歯菌と言うのは、歯が生え始めた日から口の中に感染し、増える可能性があります。

虫歯菌の感染ルートは、

・キスなど親子のスキンシップ
・両親と箸やスプーンなどを共有
・砂糖など歯を溶かす成分を使ったお菓子を与えている
・親が噛んだ物を与えている

などと言われていますが、特に良くないのが砂糖入りのお菓子を食べさせる事なのだそうです。

「虫歯体質」と言う言葉があり、歯が生え始めてから3歳までに感染した虫歯菌は一生変わらないし、ジュースやキャンディを好む嗜好も歯磨きなどの生活習慣もだいたい身に付いてしまうと言う事です。

ですので、虫歯体質にならないようにするには、3歳までの日々の生活に気をつけてあげる必要があります。

でも、さすがに全部はムリ!と言う人もいるでしょうし、既にお子さんが3歳以上の方もいらっしゃるかもしれませんよね。

そう言う場合は、やはり日々の歯磨きを親子で頑張って行くしかありません。

歯磨きの指導は、だいたいどこの歯医者さんでも行っているし、定期的にフッ素を塗るように教えてくれたり、オススメの歯磨きグッズが買えます。

今は1歳でも虫歯で歯医者に行く子だって普通にいるので、歯医者さんに行くのは恥ずかしい事ではありません。

自治体の福祉制度を利用すれば、診察料が無料か1,000円以下で診てもらえるので、一度歯医者さんで色々と習ってフッ素も定期的に塗ってもらうのも一つの方法だと言えます。

ムシバイは、虫歯菌を減らす事はできませんが、楽しく親子で虫歯にならない口内ケアを続けるのにピッタリなアイテムです。

定期的に歯医者さんで診てもらったりしながら、日頃のケアはムシバイで頑張ってみてはいかがでしょうか?

興味のある方は公式サイトをご覧になってみて下さいね。